New face

新入社員紹介

神戸大学大学院 農学研究科 生命機能科学専攻
笹尾 茉子

ウィルを選んだ理由

「仕事はおもしろいものだ」と考える社風に惹かれました。ウィルの方々とお話しさせていただく前は、私は働くことにネガティブなイメージを持っていました。しかし、面談を通してお話させていただいた社員の方の「大変なこともあるけど、一生懸命頑張ることで楽しいと感じている」という言葉を聞いて、自分の仕事に対するネガティブなイメージが払拭されました。また、面接中に一番自分らしさを出せた点も入社を決めた理由の一つです。嘘をつかずに自分の言葉を聞いてくださったことで、ここでなら自分の悪い部分にも向き合いながら、人間的にも成長できると感じました。

学生時代のこと

学部のときは、サークル活動に専念していました。毎週末、丹波篠山市を訪れ、農家さんのお手伝いや自分たちの畑での農作業に取り組んでいました。地域の方々との関わりを通して「この地域を盛り上げたい」と思うようになり、特産品の黒枝豆の販路拡大のための活動に注力しました。後輩たちにも引き継がれ、少しずつ地域活性化に貢献できていることをうれしく思っています。現在は、生物化学分野の研究をおこなっています。カイコの脳にあるタンパク質についての研究で、未知のことがわかるという部分におもしろさを感じています。

①実験に使うカイコの解剖中の一枚 
②稲刈りのお手伝い中の一枚

他の新入社員の記事を見る

OTHER ARTICLES

一覧に戻る