New face

内定者紹介

東北大学 文学部 人文社会学科
齋藤 裕哉

ウィルを選んだ理由

きっかけは本当に偶然でした。それまで、私は就活の面接の場では、いつも当たり障りのないことを話していて、うまくいかない日々を送っていました。あるとき、「次に面談する会社には、より深く自分のことを話そう」と考えました。そこで次にたまたま出会ったのがウィルでした。ウィルの方々は皆、相手のことを深く理解しようという姿勢を持っていて、相互理解のうえでどうするかを考えていました。ウィルで働くことになったときにも、そうした関係のなかで成長できるように感じられ、そこに惹かれました。

学生時代のこと

私は2021年の8月まで学友会応援団の吹奏部に所属していました。2年生の冬までは、運動部の試合の応援に行ったり、地域を応援するような活動をおこなっていました。3年生になってからは、コロナの影響でそれまでのような活動ができなくなりましたが、そんななかでも新歓やオンライン大学祭などに携わるなかで何ができるのかを考えて過ごしていました。今は引退して少し時間もできたので、卒論の合間に友達と遊びに行くなどできたらいいなと思っています。

大学4年時、卒団1ヶ月ほど前に同期と撮った写真(本人:2列目左から2番目)
2019年2月に行った、受験生激励の写真

他の内定者の記事を見る

OTHER ARTICLES

一覧に戻る