New face

内定者紹介

大阪市立大学 文学部 人間行動学科
河出 康希

ウィルを選んだ理由

ウィルには自分自身が頑張れる環境があると考えました。自分はやるからには全力で取り組みたいと考える人間で、遊びも部活も勉強も全力で取り組んできました。この姿勢を学生生活で終わらせたくなく、社会人になっても続けたいと考えていました。ウィルに出会い、社員さんのお話を聞くたびに、ウィルは活気にあふれており、熱心な社員さんが多いと感じていました。ウィルは過去に自分自身が選択してきた環境に似ていることがわかり、入社を決めました。

学生時代のこと

大学ではボート部に所属しています。4年間選手としてほぼ毎日、朝と晩の2回練習をおこない、部活漬けの毎日を送っています。コロナが流行する前は、艇庫という寮で部員と生活を共にしていました。下級生のころは怪我が多く、試合に出場できないことが多かったです。一方で環境には恵まれ、万全なサポート態勢があったため大怪我から復帰することもでき、とても感謝しています。残りの学生生活は部活だけでなく、自分自身のしたいことや勉強をどちらも全力で取り組み、学生生活を悔いなく終えられるようにしたいです。

大学4年時の関西選手権後、同期男子との集合写真(本人:最後列の真ん中)
大学4年時自粛期間中トレーニングとして部員で京都までサイクリングに行ったときの写真(本人:右端)

他の内定者の記事を見る

OTHER ARTICLES

一覧に戻る