New face

新入社員紹介

京都大学大学院 工学研究科
嶋本 紘己

ウィルを選んだ理由

以前は、仕事や就活に対するマイナスなイメージを持っていたのですが、ウィルの人事の方との面談を経て、のめり込むと、とことん没頭してしまう自分の性格から、自分が没頭して取り組むことを後押ししてくれる環境、またそれによる自分の成長が周囲にも良い影響を与える、“部活”のような環境で働きたいと考えるようになりました。何度もしていただいたウィルの社員の方々との面談でも、尊敬できる周囲の方々と共に、情熱を持って仕事をされていると感じ、「この方たちと一緒に働きたい!」と考え、ウィルに決めました。

学生時代のこと

経歴がレアだと思うのですが、高専出身で大学院に進学して現在に至ります。高専本科5年生までは部活動のバスケットボールに没頭し、自主練習で夜の9時までシュート練習をしたりすることも・・・。高専専攻科に入学後は、海外語学実習や、海外インターンシップにも積極的に参加し、そこで出会った友人の考えは今の自分に多大な影響を与えています。現在は研究に悪戦苦闘していますが、合間にバスケットボールやDIY、アルバイトや宅建勉強など、最後の学生生活を悔いのないように過ごしています。

①高専本科5年時、引退試合にて、全体の集合写真(本人:最後列左から6番目)
②海外語学実習(カナダ)にて、帰国前夜のお別れ会(本人:中央)

他の新入社員の記事を見る

OTHER ARTICLES

一覧に戻る