New face

内定者紹介

大阪大学 外国語学部 外国語学科 中国語専攻
森沢 未希

ウィルを選んだ理由

周囲とともに自分が成長できる会社であると感じ、選びました。たくさんの社員の方とお会いするなかで、社員同士の距離が近く、お互いが向上心を持ちつつ、応援しながら働ける環境に魅力を感じました。また、一人ひとりの特徴や個性を重視した人事にも魅力を感じました。 もともと家に関わる仕事がしたい、という思いがあったことも理由の一つです。いろんな部署があって、楽しそうだなと感じました。家に関わることに直接携わりながら働けることも魅力でした。

学生時代のこと

中国語の学習とオーケストラの活動に励みました。 言語を学ぶことはとても楽しかったです。とくに思い出に残っているのは、大学1年生の春休みに友達と台湾に旅行に行ったことです。現地の人たちと中国語を使って意思疎通ができたことがうれしかったです。クラスの仲も良く、全員と深く関われていることがうれしいです。 オーケストラではヴィオラをはじめました。クラシック音楽を演奏することもはじめてでしたが仲間と音楽をつくる楽しさ、自分で音を奏でる奥深さにのめり込みました。

大学1年時、旅行先の台湾で名物のシャンプーをされたとき
大学2年時、新歓活動

他の内定者の記事を見る

OTHER ARTICLES

一覧に戻る